入門編 ZERO HIDを知る

キセノンランプ、ディスチャージランプ等メーカーによって呼び方は異なりますが、当サイトでは「HID」と統一します。

HIDは、水銀やキセノンガスが封入されたバルブの放電で点灯します。

明るく消費電力が低いのが魅力ですが、バラストと呼ばれる安定器によって制御されるため、通常のハロゲンバルブから比べるとシステムが大がかり。

また、一定の明るさに到達するまでに少々時間を要するのも欠点です。

HIDの色温度

HIDのバーナー(ハロゲンによるところの電球にあたる)には色温度というのがあり、ケルビン(当サイトでも、一般的にも、「K」という記号で現す)という単位によって表現されています。

色温度による発色の違いは、以下の表の通り。当サイトでは、6000Kまでの使用をオススメします。それ以上は車検対応外と言うこともありますが、対向車への迷惑がかかります。

3000K フォグランプの黄色化に最適
4000K ハロゲンに近い発色。旧車で雰囲気を壊したくない等に最適
5000K 4000K~5000Kが一般的に視認性が良い。
6000K 車検対応のギリギリライン。たまーに車検に通らないことも。
8000K 競技用の明るさ。青っぽく発光するようになってくる。
12000K かなり青い発光になってくる。
20000K ほぼ水色に近い発光

最新のHIDキットや交換バーナー等パーツ情報!

HIDキットやバーナー、バラスト等の新着情報をお伝えしております。
カーパーツ通販チョイス「カーパっちょ」からの情報提供です。